3dsmaxでVrayのノイズ、チラつきを減らすレンダリング設定

f:id:Rosylife:20190104175808j:plain

こんにちは、CGデザイナーやりつつ自主制作アニメを作っているアリマと申します。
今日は、自分の備忘録として、3dsmaxによるVrayのノイズを軽減させるレンダリング設定方法を記しておこうと思います。
CGデザイナーでありながら、ソフトの使いかたを片っ端から忘れていくからです。

設定はすごいシンプルです。
タイプをBucketにして、Max subdivsを10にします。
そしてNoise threshouldを0.001に。

f:id:Rosylife:20190104180009j:plain
f:id:Rosylife:20190104180040j:plain

あと、ライトのシャドウの設定も調整しておきましょうね。
VrayLightのsamplingの数字を上げるにはVray設定のUse local subdivsにチェックを入れると数値をいじれるようになる。
なんでこんなにわかりづらいんだろ。
僕はとりあえず32にしています。
僕くらいのハイレベルなデザイナーになれば、意味もわからずとりあえずそれっぽい数字にします。

f:id:Rosylife:20200614155913j:plain

反射がチラつく?ような時はGlobal switchesのMax ray intensを有効にすれば良いらしいです。
僕の場合は水面がチラついた時にこれで解消されました。

デフォルトになってるとこをクリックして、アドバンスドにすると良い。

f:id:Rosylife:20200614155901j:plain

もし背景がチラつくようなら、キャッシュを作って背景だけレンダリングするという作戦もありだと思います。
AREA JAOANさんのこちらの記事が参考になります。
これをすれば大幅に時間を短縮できますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です