日本にただひとつの適職・天職占いつくったよ。

自作ボードゲームのテストプレイしてみた

先日、知り合いと自作ボードゲームのテストプレイをしてみました。

コンビニで印刷したものを100均のスリーブに入れるだけでじゅうぶんテストプレイできるものになりますね。

ボードゲームの内容についての全貌はこちらで書いたので見てみてね。

思ったとおりのバランスで、ひとりでテストプレイしてる時と同じようにうまく行きました。
もう完成してるんじゃない?とすら思えます。

2人で遊ぶには良いバランスになってるけど、ソロで遊んだり3人で遊んだ場合のことをまだテストできていないので、そのあたりを試してみたいところです。

そこそこ面白いものができそうだけど、「さてこれをわざわざ製品版として販売すべきか」という迷いもあります。それだけの価値があるのかな?なんてことを考えてしまいます。ゲームシステムはこれまでの競馬ボードゲームにはなかった新しいものになっているとは思うけど。。。イマイチ自信がもてません。

アートワークで本当に納得できるものが出来ればその価値もきっと生まれてくるのかな、果たして自分の理想のデザインに自分がたどり着けるのがでしょうか。

それにしてもボードゲームをつくるのは大変ですね。

自主制作アニメはおかしな部分を修正すれば「うん、これで良くなった」とわかりますが、ボードゲームは「こうししたら良くなるかも?」と考えて、実際に試してみて、とテストにとても時間がかかります。また自主制作アニメなら自分ひとりの力で完成させることができるけど、ボードゲームは他の人にテストプレイをしてもらう必要があります。テレビゲームでもバグを発見するためにテストプレイをやり続けるという仕事があるくらいですからね。

なのでもし「テストプレイやりまっせ!」という人がいればぜひ一報を!

コメントを残す