スカイクロラシリーズの順番と感想【ネタばれなし】時系列か慣行順どっちが良いか

ヴォイドシェイパシリーズを一気読みして感動した僕は、さっそく他の森博嗣さんの小説で人気シリーズと呼ばれているらしいスカイクロラシリーズをぽちりました。

これまたヴォイドシェイパシリーズと同じで順番がわかりません。
なので出版された順番を書いておきますね。

  1. スカイ・クロラ
  2. ナ・バ・テア
  3. ダウン・ツ・ヘヴン
  4. フラッタ・リンツ・ライフ
  5. クレィドゥ・ザ・スカイ
  6. スカイ・イクリプス(短編集)

 この順番が出版さらた順番です。
しかし物語の時系列だとこうなります。

  1. ナ・バ・テア
  2. ダウン・ツ・ヘヴン
  3. フラッタ・リンツ・ライフ
  4. クレィドゥ・ザ・スカイ
  5. スカイ・クロラ
  6. スカイ・イクリプス(短編集)

となりますので、最初に読むべきは「スカイクロラ」か「ナバテア」になります。

どの順番で読めば良いのか

伝えたいことはただひとつ。
スカイクロラから読みましょう。

よく、映画や漫画なんかでも結末のところを少しみせてから、時間をもどして物語が始まったりしますよね?
スカイクロラで物語の設定がしっかりと描かれているので、全体を知ることが出来ますし、他の巻を読み進んでるうちに「これって・・」という感じが楽しめるはずです。

ぼくとしては森さんの作品ではヴォイドシェイパシリーズが一番好きなので、そちらの感想はこちら。

【ヴォイドシェイパシリーズ】の順番と感想


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です