10年かけて辿り着いたweb漫画の描き方

f:id:Rosylife:20170922011219j:plain

「ネットで絵を発表したい!」

と、思ったのは10年くらい前かな。

mixiでかわいい絵をアップしてる人がいて「なにこれ!どうやってんの?!」と思ったのが最初。
ついその人にメッセージを送って聞いてみたところ

「下書きを描いて、スキャンして、イラストレーターでトレースして、photoshopで色付けしています」ということでした。

その時にそういったソフトの存在を始めて知ったのです。
しばらくして、その高価なソフトを手に入れました。

基本的に「ネットで検索する」という文化がなかったので、自分で触ってみてあーでもないこーでもないと言いながら、良い方法を手探りで探しながらここまで来ました。
「ここまで」と言ってもどこまで?

手描きスキャン編

最初に僕がやっていた方法をご紹介します。
この方法は、ペン入れまでを紙でやるので、描いていて楽しいし、味が出る。
ということが大きなメリットです。
ただ、その反面時間がかかってしまうのが難点です。

まず、A4のコピー用紙にこんな感じでコマ割りを描きます↓

f:id:Rosylife:20170920065857j:plain

 で、このコマ割りしたコピー用紙をスキャンでパソコンに取り込みます(300dpiで)
こうすれば、次からはこのデータを印刷するだけですぐに漫画を描き始めることができるのです!
色んな大きさのコマ割りをしたいかもしれませんが、見る人は大抵スマホですからね。。
これでいいかな、と。

印刷した紙にえんぴつで下書き→ペンでトレース→消しゴムで下書きを消す→スキャンする→ペイントソフトで色ぬり。

というのが基本的な流れです。

もっと効率化を考えるなら、下書きを赤えんぴつでする方法もあります。

赤鉛筆で下書きしてペン入れしたものをスキャンしてphotoshopで開いたら、チャンネルウインドウでレッドを選択します。それからイメージ→モード→グレースケールにすると赤い線はほぼ消えます。
ちょっと残ってる場合は彩度をあげて赤を強くしたりレベル補正などで調整するとうまくいくと思います。で、もういちどカラーモードをRGBカラーに戻してあげればOKです。
この「赤えんぴつで下書き作戦」はスヌーピーを描くときにもやっている動画があるので、けっこう主流なのかもしれません。

ペンでおすすめなのはマルチライナーというペンです。

消しゴムで下書きを消すときに、ちょっと薄くなっちゃうという難点はありますが、photoshopでレベル補正やトーンカーブですれば大丈夫。

紙はマルマンのスケッチブック(天のり製本)に描いてます。
天のり製本だと、描いたページをすいっと取ってスキャンしやすいのです。
マルマンのスケッチブックにマルチライナーの0.3で描くのも、良い線が出るのでおすすめ。

僕は使ったことがありませんが、紙にそのまま色を塗るならコピックというのが人気のようですね。
ちょっと(いや、だいぶ)高価なのが気になるけど。

photoshopで色を塗るには、ペンタブレットというのが必要になります。
ペイントソフトについては、僕はPhotoshopを使っていますが、無料のメディバンペイントがおすすめです。

液晶タブレット編

最近は液晶タブレットで最初から最後までやっちゃうことも多いです。

修正も楽ちんなので、仕事のイラストなら絶対にこれを使います。
ここ数年で、もっとも良い買い物だったと言えるでしょう。

ほんとは紙に描いたほうが味のある線が描けるような気もするけど、もはや違いがわからないレベルなので、今は時間もないので効率化を重視しています。

キャンパスの大きさは2000px×2000pxくらいかな?

これが1コマのサイズです。
もしも印刷したいと思った時にも対応可能なサイズですし。
テレビなどのフルHDサイズが1920×1080なので、そこにも対応できます。

photohopブラシの設定

ペンも色々な設定を試してみて、自分好みの設定を見つけましょう。
僕もコロコロ変えて、やっと納得できる設定になりました。
ブラシ先端のシェイプが直径4px、硬さ100%、感覚25%。
シェイプにチェックを入れて、コントロールは筆圧、あとはオフと0%。
散布にチェックを入れて163%の数は6、数のジッター0%、コントロールはオフ。
滑らかさにもチェックを入れる。と言う感じ。

色塗の時にもブラシを専用の設定に変えています。
ブラシ先端のシェイプの直径70px、角度60、真円率50%、硬さ100%、間隔9%。
滑らかさにチェックを入れて、不透明度を70%にして塗っていきます。
丁度良い感じのムラを出すイメージです。

色を塗るときは、違うレイヤーをつくって塗ってます。
また、服や髪の毛とレイヤーを分けておくと、後で調整しやすいので良いかもしれませんね。

で、一番上にレイヤーを作って、白っぽいグレーで乗算で影を描いていきます。
これで完成!

これは僕の例で、photoshopを持ってない人はメディバンペイントでやりましょう。
無料ソフトとして、とても性能が高いのでそちらをおすすめします。
プロを目指す人はクリップスタジオやPhotoshopの使いかたを覚えたほうが良いかな、と思いますが。

ネットにアップする方法

で、描いたものをどこにアップするか。
色々考えられますが、今ならtwitterとnoteが良いのではないかと思います。

パソコンを持ってない人はパソコンも必要になりますね。
ドスパラやmouseがクリエイター用のパソコンを販売してるので、そちらがおすすめです。

まとめ

まとめてしまうと「え?10年かけてこれ?」てなもんです。

なんで10年もかかったのでしょう。

でも、ここからがさらに長い道のりです。

自分のスタイルを見つけ出し、キャラクターを世に広めて行かなくてはなりません。
そのヒントになるようなものを、ブログには書いていきたいので、ぜひ他の記事も読んでみておくれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です