mayaのシェイクで手振れカメラを作る方法

最近はmayaのお仕事もちょくちょくやってます。
mayaでもやっぱり、まずは手振れですね。

手振れしてたら映画っぽくてカッコ良いよね教でもあるんですかね。

色々と情報を集めて、なんとか手振れカメラが出来ました。
でもすぐにやり方を忘れちゃうのが僕の得意技なので備忘録として残しておきます。

f:id:Rosylife:20171024174643j:plain

カメラを選択して、カメラシェイクを有効にする。
右クリックから「新規テクスチャの作成」をして、
右と左それぞれにフラクタルを割り当てます。
これで2つのフラクタルのテクスチャで出来ました。

カメラを選択した状態でハイパーシェードを開いて、ノードを表示するボタンを押せばズラーっと関係してるのが出てきます。

f:id:Rosylife:20171024225059j:plain

では、フラクタルを選択して値を調整していきましょう。
僕はこんな感じにしてみたよ。

f:id:Rosylife:20171024174056j:plain

Animatedにチェックを入れて、 Timeのとこにキーフレームを打ちましょう。
1fは0.000
300fで0.003

それからAlpha offsetを右クリック→新規エクスプレッションの作成。
alphaOffset = -0.7*alphaGain;
と入力。

こんな感じで同じようにもうひとつのフラクタルにもやります。

ふぅ。

出来ました?

でもまだです!焦るんじゃない!

フラクタル2のとこに「place2dTexture2」というのがあると思います。
それのRotateFrameの値をいじります。40くらいにしました。

f:id:Rosylife:20171024175040j:plain

どうでしょう。
これで良い感じの手振れがついてると思うんですが。
なってる?

最後にカメラを選択して、キーフレームを選択してリニアにしてから
カーブ→プリインフィニティ→オフセット付きサイクル。
カーブ→ポストインフィニティ→オフセット付きサイクル。
でループするようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です