日本にただひとつの適職・天職占いつくったよ。

これはガチ。世界最強の動物ランキングベスト10

こんにちは、動物好きCGデザイナーのアリマです。
長年の研究の結果、ついに世界最強の動物ランキングが決定しましたので、お伝えしたいと思います。

条件は以下のものを想定してます。

  • ひらけた大地で、野生のオスの大きな固体同士が1対1で戦った時の平均勝率
  • 必死で戦った結果、一定のダメージを受けるか戦意喪失したら負け

多分に個人的な見解と妄想を含みますが、CGモデルで大きさの比較やパラメーターをつけて、ちょっとでも楽しめるように工夫してみました。

それでは、さっそくご覧ください!

動画バージョンも作ったので、良かったら見てみてね。

これからもみんながちょっとキニナルものを作っていこうと思っているので、チャンネル登録してくれると嬉しいなぁ、なんて。

 

大きさのデータはオスのものになっています。
メジャーアイコンは体長を表していますが、ワニやアザラシの仲間だけは全長を表しています。

第11位 ワニ

f:id:Rosylife:20210324095937j:plain
第10位との関係もあって、11位からの紹介になります。
ここではイリエワニやナイルワニ、オリノコワニ、アメリカワニなど4メートルを超えるような大型のワニを対象としています。

ワニは地球最強の噛む力を持っていて、1平方センチ当たり約260kgの噛む力があるということが最新の研究で明らかになりました。

はい、まったくピンときませんよね。

その他の動物では、ハイエナ、トラ、ライオンは1平方センチ当たり約70kg。
ハイイログマが1平方センチ当たり約80kg。
ゴリラが1平方センチ当たり約90kg。
人間は1平方センチ当たり約14kgと言われています。
それでもピンときませんが、意外にもゴリラの噛む力が高くて、ワニの噛む力は飛びぬけて高いのがわかりますね。

ワニには「デスロール」と呼ばれる、体を回転させることで相手を倒し、肉を引きちぎるという最強の必殺技がありますが、この最強動物ランキングは陸上での戦いを想定しているので、デスロールを計算に入れていません。
もし水辺での奇襲やデスロールが可能であればランキングは5位まで跳ね上がるでしょう。

噛む力は地球最強クラスですが、実は口を開ける力は弱いので、もしワニに遭遇したら口の上に座ってじっくりと今後の身の振り方を考えましょう。

第10位 セイウチ

f:id:Rosylife:20210321181504j:plain

同じ生息地に住むホッキョクグマも、大人のセイウチを襲うような無謀なことはしません。
最長で1メートルにもなる牙は戦いの時以外にも、陸地や流氷に上がるときにも役立ちます。
極寒の環境に耐えるために分厚い皮膚とたっぷりの脂肪がついているので防御力も高くなっています。

f:id:Rosylife:20210321181534j:plain

ランキング11位のワニと比較してみましょう。
セイウチの牙がちょうどワニをサックリと刺せるところにあります。
生まれ持ったワニハンターの才能を、セイウチはこれからも気づくことはないでしょう。

第9位 ライオン

f:id:Rosylife:20210321181703p:plain

ライオンといえばフサフサのタテガミ。
このタテガミは防御のためという考え方もありますが、相手に勝って自信がつくと長く黒くなっていきます。
そして黒いタテガミのオスのほうがモテるということがわかっています。

強さの象徴とされ人気のあるライオンですが、実は絶滅の危機にさらされています。

人間との衝突によりこの20年でライオンの数は半減していますが、アフリカの人口はますます増え続けていくのは間違いなく、ライオンの生息地をさらに奪っていくことでしょう。

f:id:Rosylife:20210321181743p:plain

ランキング10位のセイウチと比較してみましょう。
セイウチご自慢の牙も、すばやいライオン相手にはただの飾りにすぎず、ライオンからすれば大きな肉の塊にしか見えません。

第8位 トラ

f:id:Rosylife:20210321181758p:plain

トラはスピードとパワーを兼ね備え、相手の息の根を止める事に関しては右に出るものはいません。
しかし意外にも狩りの成功率はわずかに20回に1回程度とも言われています。

密漁により2010年には3000頭まで減少してしまったトラですが、近年は保護活動によって少しづつ回復の兆しが見えています。
それでもまだアムールトラの数は500頭あまりしかいません。

f:id:Rosylife:20210321181816p:plain

永遠のライバルであるライオンと比較しましょう。
ほとんど同じサイズですが、体重はトラのほうが少し重たくなっています。
よくアムールトラが大きいと言われますが、2015年に行われた調査で小型化していることがわかっていて、オスの平均体重は176.4kgでした。

今ではベンガルトラの体重の方が重たいというのが、本当のところです。
それでも爪や牙はトラの方がわずかに長く、噛む力や柔軟性、敏捷性など総合的にトラが上回っているので、平均的にトラが有利に思えます。

ちなみにライオンのタテガミは相手と戦う時の防御に有効と見られ、それが理由でアニマルプラネット(世界最大の動物チャンネル)の専門家のシミュレーション映像ではライオンがトラを負かしています。

どちらにせよその差はわずかだと思います。

第7位 クマ

f:id:Rosylife:20210321181832p:plain

クマの中でもホッキョクグマが1番大きくコディアックヒグマ>ハイイログマ>ヒグマと続きます。
そんなホッキョクグマですが温暖化の影響で流氷が減り、アザラシが捕れなくなってしまい飢えに苦しんでいるという問題が深刻化しています。
餌を求めて活動範囲を広げたホッキョクグマとハイイログマの間に子どもを産むケースも確認されていて、このハイブリッド種が将来的には最強の肉食獣と呼ばれる日がくるかもしれません。

f:id:Rosylife:20210321181843p:plain

トラと比較すると、同じようなサイズであれば身体能力で上回るトラが有利でしょう。

しかし大きなホッキョクグマやコディアックヒグマだと皮下脂肪が豊富で、なかなか致命的なダメージは与えられません。

ライオンやトラの牙が6~7cm、対してクマの皮下脂肪は10cmと言われています。
その体力とパワーを持ってトラを封じ込めてしまうと思います。

第6位 バイソン

f:id:Rosylife:20210321181853p:plain

ここではバイソン、ガウル、バッファローの猛牛ビッグスリーを同列にして扱っています。
なかでも最も強いと考えているのがこちらのバイソンです。
巨体でありながら機動力が高く時速60キロで走ることができ、オス同士の争いでは、時に相手の命を奪うほどの突進力を持っています。

f:id:Rosylife:20210321181903p:plain

もっとも悩ましいのがバイソンとホッキョクグマの比較です。
バイソンに勝つには、まず突進を受け止める必要があります。
1トンのバイソンの突進を500キロのホッキョクグマがくらえばどうなるでしょうか?
ほとんどの場合すってんころりんでしょう。
突進を受け止めたとしても、毛皮のあるバイソンに対してはサイドやバックのポジションに回らないと効果的なダメージを与えることはできません。
機動力のあるバイソンを相手に、経験値の少ないホッキョクグマがうまく立ち回れるイメージがわかずバイソンを上としました。

もしホッキョクグマがバイソンに勝てるなら、生息地の重なるジャコウウシをもっと狙っても良いと思うんですよね。

第5位 ゾウアザラシ

f:id:Rosylife:20210321181913p:plain

浜辺でのんびりしているイメージが強いですが、最高で2000メートル、2時間の潜水が可能です。
ゾウアザラシは上半身を高く持ち上げ、体重を乗せて牙を振り落ろします。
血まみれになりながら戦い続け、勝ち抜いたわずか2~3%のオスだけがハーレムを率いる「ビーチマスター」になることができるのです。

f:id:Rosylife:20210321181922p:plain

バイソンと比較してもその大きさがわかります。
横から攻撃すればバイソンにも勝機もありますが、果たしてバイソンがそういう戦術を立てるでしょうか?

何も考えずに頭でグイグイするバイソンが目に浮かびます。
体重の乗ったゾウアザラシの攻撃はいとも簡単にバイソンの首を破壊するでしょう。

第4位 キリン

f:id:Rosylife:20210321181933p:plain

穏やかな印象のあるキリンですが、
オス同士の戦いでは長い首を振り回し、頭にある「オシコーン」と呼ばれるツノをぶつけることで相手が失神することもあります。

もしツノが鋭くとがっていたら、今頃「動物界の悪魔」と恐れられる存在だったのではないでしょうか。

かわいいツノでよかったよかった。

またライオンを追い払うときは長い足を振り回します。
直径25cm~30cmの大きな蹄がまともに当たればライオンの命を奪うこともあり、1対1の戦いでは近づくことすらできません。

f:id:Rosylife:20210321181943p:plain

ゾウアザラシと戦えば、まさにサンドバック状態です。

キリンのストレス発散にしかならないでしょう。

第3位 カバ

f:id:Rosylife:20210321181953p:plain

実は、マサイ族が最も恐れる動物はライオンではなくカバだと言います。

見かけによらず凶暴でナワバリ意識も高く、毎年多くの人の命がカバによって失われているからです。
大きく開く口は噛む力がとても強くライオンやワニをかみ殺すことさえあります。 

f:id:Rosylife:20210321182002p:plain

キリンとカバは難しい戦いが予想されます。
キリンのキックをカバはまともに受けてしまうでしょう。

しかしカバは分厚い皮膚を持つので、キリンのキックを受けてもひるまず口をあけて突進していくのではないでしょうか、そうなるとキリンも逃げるしかありません。

ボクシングのようなポイント制で考えるのであればキリンの勝ちということになります。

第2位 サイ

f:id:Rosylife:20210321182012p:plain

サイの仲間で最も大きなシロサイを対象としたデータになっています。

鎧のような体を持ち、大きなツノで突進するサイですが、自慢のツノが最大の弱点にもなっています。
密猟者がツノをとるために、多くのサイの命が奪われているのです。
このツノは髪の毛と同じケラチンという成分で、薬のような効果はありませんが、一部の国では万病に効くと信じられています。

f:id:Rosylife:20210321182025p:plain

シロサイとカバを比べると、シロサイのほうが大きくパワーがあるでしょう、またサイのツノのほうがダメージを与えるのにより効果的だと感じます。

野生で対峙すれば、気性の荒いカバがサイを追い払うケースはよくありますが。

第1位 ゾウ

f:id:Rosylife:20210321182039p:plain

特にアフリカゾウは大きく、その巨体から繰り出すパワーで、サイもカバも蹴散らしていきます。
他の動物からしたら卑怯にも思えるでしょう。
しかし、そんな体の大きなゾウにしかできないある大事な役割を担っています。
1000種類もの植物を食べるゾウですが、広大な行動範囲を持ち、フンの中にある種子を遠くまで運ぶことで、多様な自然を育くみます。
またその大きな体と牙で木々を切り開き、道をつくり、地下の水を掘り起こすことができます。
ゾウは数多くの動物に恵を与え、アフリカの大自然を守っているのです。
ちなみにゾウのフンから、世界最高級のコーヒー豆、ブラックアイボリーが作られています。
動物界でも、コーヒー界でも1位なのであります!

f:id:Rosylife:20210321182049p:plain

アフリカゾウは100年前までは1000万頭を超える数が生息していたと考えられていますが、人間との衝突と象牙市場の拡大の影響で、現在の生息数は35万から50万ともいわれていて、なんと95%以上も減っています。
今では象牙の取引を禁止する動きが広まっていますが、それでもまだ密猟は後を絶ちません。

実は、動画バージョンでは25位までの下位ランキングも紹介してるので、お時間のある人は見てみてね。10位まではありきたりな結果だったと思うけど、下位ランキングは必見です!

それぞれの動物についている星のマークにお気づきになったでしょうか?

星の数は保全状況を表していて、星が3つ以上あれば絶滅の危険が高いということになります。

f:id:Rosylife:20210324094503j:plain
想像以上に絶滅の危機にさらされている動物が多いですよねぇ。
特にアフリカに住む生き物は、これからますます人間との衝突で生息数を減らしていくことでしょう。。

人間が豊かになれば、それだけ動物の犠牲は増えてしまいます。
「かわいそうだから、やめるんだ!」というのは豊かな日本に住んでいるから言えることでもあり、難しいところですよね。

ふぅ。

ということで、少なくとも直感的にわかりやすく多くの人に伝えることは出来るかな、と思って星マークをつけてみました。

強さの比較について

ポテンシャルを取るか現実的な戦いのイメージを取るか、そのバランスで意見がわかれると思います。
現実的には、肉食動物はケガをして狩りが出来なくなるのが1番のリスクなので、
危険を感じれば諦めます。
逆に草食動物は死にものぐるいで戦うので、同じ力であれば肉食動物が諦めるシーンが多くなるでしょう。
他にも色んな考えるべき要素があり、どうしても見解が食い違ってしまうと思います。

 ですが、それをあーだこーだと考えることこそが醍醐味だと思うんです。
ほんの少しでも、あなたのあーだこーだの参考になれば嬉しく思います。

もし良かったら、海の最強動物ランキングの記事も見てみてね。

shark 【速報】ついに海の生き物最強ランキングが発表されました!

41 COMMENTS

sakonet

楽しく拝見しました。私も最強の動物はやはり像だと思います。しかし!個人的にはカバに1票を入れたいところです。イソジンのモデルなのに、あの強暴性はギャップがありすぎて好きです。笑。

返信する
コニチハ

うーむ。
夜行性のライオンが、夜目の利かないゾウを夜間に集団で襲えば、ひとたまりもないとゆー話もあるのだが。。

返信する
Rosylife

コニチハさん>ゾウが夜目が利かないのは初耳です。
それなら決死の覚悟で集団で襲えば可能性はありますが。。野生だとあえてリスクは取らないように感じますね。。
ちなみにこの記事は1対1の想定でランキングをつくっております。

返信する
ぱーる

このランキング凄いですね。
水牛がここまで強いとは意外でしたが、
確かに1対1ではライオンを瀕死にしている影像もありますね。
個人的には、マイナーなコモドドラゴンを抜いて、8位辺りにアナコンダが入ると思います。

返信する
Rosylife

ぱーるさん>8位以降は予想するのが難しいです、相性とかもありそうですし。
アナコンダも巻きつくことができれば相当手強そうですね。

返信する
しうす

サイとカバが戦った時にカバがやや優勢と言う報告を聞いた時があります。
これはサイの皮膚が厚さ10~20mmに対してカバの皮膚が15mm~40mm でさらにその下の皮下脂肪の厚さが 30mm~50mmとサイよりカバの方が防御に優れているからだそうです。

返信する
Rosylife

しうすさん>情報ありがとうございます!
なるほど、皮膚と脂肪がすごいんですか。。
サイのほうが鎧のようで硬そうですけどそうでもないんですかね。
それでも僕はサイの攻撃力を上位にとりました。

返信する
名無し

動物が好きな一般人ですが
このランキングに納得します。
テーマパークでサイを見たときはその大きさにビビりました。
私は車に乗っていたのですが普通車ぐらいなら簡単に踏みつぶしたり弾き飛ばしそうなデカさ。
サイがこっちを見ただけで「殺される」と震えました。

返信する
Rosylife

名無しさんコメントありがとうごさいます!
実際に見ると想像以上にでかいですよね、僕もサファリパークでクマの大きさに圧倒されたので、ライオンや虎より上にしてみました。

返信する
tetuyamaru

コモドオオトカゲ(コモドドラゴン)はスイギュウを捕食するのでもう少しランキング上かと。。

返信する
 

君は文字が読めないのかな?
「ひらけた大地で、野生の陸上生物の大きなオス同士が戦って平均して勝つ確立」
と書いてあるんだが。
書いては居ないが1vs1を想定してるだろう。
そういう限定的な状況を書くなら
ワニが相手を噛み付いている状態からスタート とか
もっと極端な話
ライオン100匹vs象1匹とかもできちゃうわけだが

返信する
テレビで

今テレビでライオンにゾウがやられてた、、、
やはりライオンが強さナンバーワンだった

返信する
ee

トラってさ、パンチカやばくね?
可能性であれば上位にボガッてパンチ喰らわせて勝てるかも!
……可能性ね。可能性。

返信する
ナナシ

ダーウィンが来たで解説されてましたけど
ゾウがライオンにやられるのはゾウが弱りきっている時に限られるそうですよ
通常はゾウのほうが圧倒的に強いんだそうな
公平な条件で戦った場合と捕食できるかどうかはまた別の話ですね

返信する
匿名

トラとライオンを同列に扱ってる時点で浅すぎる。ネタ記事にしてももう少し調べて書けよ

返信する
マジパネェッス

トラ好きがよく、
[トラは熊より強い]
と熱弁するのですが、熊の方が強いんですね。
自分も熊の方が強いと思っていたのですが、なかなか明確な根拠を集められず、トラ好きに圧倒されております・・・。

返信する
捕食者は子供や弱ったものを選ぶ

トラはナマケグマと両者かなりの傷を負うほどの激闘を演じて追い払われましたね
トラが優勢でしたが体重はナマケグマの倍はあり縄張りを持つ立派なオストラでした

返信する
エレファントマン

>夜行性のライオンが、夜目の利かないゾウを夜間に集団で襲えば、ひとたまりもないとゆー話もあるのだが
タイマン勝負での話ですよ

返信する
タカシロ

おもしろく拝見しました。納得!です。イラストレーションも奥行きがあって好きです。そうですよね。カバって強いんですよね。年に何人も人をあやめている。最強がゾウっていうのも、すばらしいと思います。北斗の拳の山のフドウを思わせます。

返信する
Stegotetrabelodon

動物好き(バトルもの!笑)なので、楽しく拝見させて頂きました。
イラストが可愛くて、動物愛も感じました。
象が王者なんですね。
象…ぱねぇ!

返信する
りべら

>もちろんクマに勝つトラもいれば、
いやいや、トラがクマに勝つのは当たり前。クマがライオン、トラに勝てるわけない。牙の大きさ、鋭さを見てクマのほうが強いといってるの?
NHKダーウィンが来たでトラを取り上げた時、「ヒグマでさえ敵いません」とやってたぞ。俺も間違いなくそう思う。

返信する
りべら

サイとカバは、動画を見ると、ややサイが優勢だった。ただ別の動画ではカバが口を開いたまま突進し、サイを押し倒していた。ほぼ互角と見ていいのでは?
それとライオンでまとめてるのも乱暴。トラは雌雄で個体差がないが、ライオンが全然違う。ライオンの雄とトラの雌雄が同順位、その下がメスライオンだと思う。
個人予想
1位ゾウ
2位サイ、カバ
4位キリン
5位バッファーロー
6位トラ雌雄、ライオン雄
8位ライオン雌
9位ホッキョクグマ、ヒグマ

返信する
ee

それでも雄どうしって書いてあるじゃん?
そして身体能カ的にもトラの勝ちだと思うな!

返信する
はまもと

ちと、ありえないかなあ?
キリンと水牛とトラ、ライオンの位置付け。
キリンが優れているのはあくまで「追い払う能力」という一点だし。
「奇襲攻撃をやってはいけない」という基準も「?」です。
スイギュウは真正面からなら、トラ、ライオンすら追い払う能力があるというのはわかりますけどね。

返信する
三ヶ月ほど前

パンク町田さんが動物強さランキング(面子から見てアフリカの動物限定)を発表されてますね。
キリンとライオンがメインだったようで一騎打ちなら断絶キリンが強いそうです。

返信する
ぶた

だいたいはその通りだと思うがトラとライオンを同列にしてるところだけは違っていると思う。
トラ対ライオンの映像を色々見てきたが鬣の立派な雄ライオンが雌並みに小さいトラ相手に苦戦したり負けたりを繰り返してるからね。
ライオンは碌に2本足で立って戦うことが出来ない上に、体格、爪、牙、敏捷性、筋肉密度、知能等々すべてトラよりも劣るらしいからね。両者にはそれなりに明確な格の差があると思う。
トラの順位はそのままでライオンは10位以下くらいが妥当な気がする。

返信する
ロイヤル

トラにクマが勝てるわけがない。牙の長さはクマの倍近くあるうえに噛む力も遥かにトラが強い。防御の点でもトラの頭骨は40cm程度あるので、クマより頑丈だし、猫科の敏捷性にクマが付いていくのは厳しい。

返信する
イカ

近年の記事で最盛期のトラが小さなナマケグマと真っ向から長時間戦って撃退されていたり、不意打ちをミスったのかイノシシにやられていたりしていますね
ネコ科は奇襲に特化しているのでこういった戦いは苦手でしょう

返信する

格闘技経験や戦場での戦闘経験の無い人間が事「戦い」の事に関して机上の空論を語りあうと、極めてゲームの世界観っぽくなる。
もちろん、戦場経験がある日本人なんて滅多にいないとは思うが。
他の人が言っている通り夜戦ならネコ科のほうが圧倒的有利になるし、
もっと言えばセイウチとライオンが陸上で戦えばライオン圧勝なのは当然だし、水中戦なら水生生物に勝てるわけがない。
人間以外の動物に自分が有利なフィールドを使いこなすなんて知能までは無いだろうから、偶然有利な環境か不利な環境かで大きく勝敗は変わる。
もっと言えば、このくだらない議論の世界設定で最強を決めるなら巨大無脊椎動物(ダイオウイカとか)のほうがランキング上位なんだがな。

返信する
陰陽

陸上戦が得意な種、水中戦が得意な種、全種公平な土俵はない。
水陸両刀流は総合力高評価に値するが順位で表すと不利になりチャンピオン(王座)は難しい。
人間にとっては快適温度の22℃~25℃も快適湿度の45%~55%もある動物にとっては不快な感覚そももの。
一方が不快な環境の対戦は不公平な戦場と言わざるを得ない。
ある場では飛翔滑空が優れ転落死がないゴールデンイーグルが最強説も、
ある場では象も殺せる猛毒を持つキングコブラが最強説も、
爪牙防護と耐毒機能のラーテル最強説も、
某動物学者著の長期ベストセラー某書籍では・・
百獣の王といわれるがいつも寝そべっているライオンのもう一つ裏側の真の実力を紹介・・
結論は海ではシャチ、マッコウクジラ、陸ではアフリカゾウ、ライオン、トラとの結論。
後に賛否両論があるが「最も力強い者が最強」か「力強さと敏速さのバランスが最強」か
単純に力強さでは体重が重い方が強い、最強戦術とは力量ー敏速、攻撃ー防御、持久ー瞬発、気迫ー知恵のバランス

返信する
雲国斎

いろいろ間違いだらけ
まずクマが低すぎる。ホッキョクグマやアラスカヒグマといった大型のクマであればバイソンなどの大型のウシやキリンなどよりは強い。両者は最大だと1tを軽く超えるため、最大でも1.5-2tくらいのキリンやバイソンくらいには勝てると思う。
セイウチも過小評価されすぎ。セイウチはホッキョクグマですら雄成獣の個体が殺された例が殆どないことからも大型クマと互角程度の実力があると思われる。
ライオンやトラが高すぎる。トラは最近の映像でも小型のクマにすら苦戦することもあり、稀ではあるがイノシシにすら殺された例があることから、平均的に考えればtop10にぎりぎり入れるかどうかぐらいでしょう。
ライオンに関しては、過去に圧倒的に格下だと思われていたハイエナやヒョウにすら苦戦してばかりで、草食獣相手でもヌーやシマウマ、イボイノシシにすら負けることも結構ある。おそらくtop10からは程遠いでしょう。

返信する
UK

剣道達人と柔道達人ではどっちが強い?ルールは石や棒など身の回りの物を全て両者使用可能、答えは「分からない」である。
同じく野生動物の強さも単純な力比べではない。巨大な者ほど単純な力があるのは当然の事。
ワニ、カバ、セイウチなどの水生動物の陸上比較は無意味。
自然界は様々な環境があり、安定した平らな地面より不安定な凹凸地面の方が格段で多い。
体重を支える地面が不安定であれば重量級者は不利である。
巨大な者は一般的に動きが遅く的が広くキングコブラなどの猛毒はゾウを殺せる。
爪牙の武器があり、力もある程度強く、不安定な場所にも適応できるのはライオンなどのネコ科である。
獰猛で地面に全く左右されないのがワシなど飛翔能力がある者である。落下危険のある高所では無敵である。
獰猛な怖い者知らずで凹凸にも対応できて爪や牙を通さず猛毒に耐えるボディの持ち主ラーテルこそ最強といえる。
戦場によって強弱は変わるのである。

返信する
ルーク・ナイト・ビショップ

アフリカゾウの1番は不動の殿堂入りでしょう。
2番手3番手にくるのは(トップ3)専門家達の意見も分かれているようです。
A説 2番ライオン 3番トラ ※異タイプ強力肉食型
B説 2番カバ 3番シロサイ ※同タイプ巨大草食型
C説 2番ホッキョクグマ 3番ヒグマ ※AとBの雑食中間型

☆ A・B・Cともに前者方がやや有利との意見が多い、共通しているのは体重順ではない。
Aの理由は鬣が急所を防護するから戦闘に有利・同種同士の戦闘経験が多い
Bの理由は柔らかい角より硬い牙が有利・同種同士の戦闘経験が多い
Cの理由は魚類より大型獣の捕食に適す身体構造(雑食型より肉食型が有利)

A同士C同士の2番3番は僅差で互角との意見が最も多く逆もあり得るとされる。
Bについては大きなシロサイの評価が意外に低く、角の数が少ないインドサイや体重が軽いクロサイと大差がなくサイ代表の座が絶対的ではない。
同じゾウでもアジアゾウはアフリカゾウとの戦闘能力の著しい格差を指摘する専門家は多い。
アジアゾウとインドサイの戦力差はないと指摘する専門家さえいる。
中立的に総合するとアジアゾウ・カバ・シロサイ・クロサイ・インドサイはほぼ同等の戦力になる。

返信する

Stegotetrabelodon へ返信する コメントをキャンセル