動物の大きさをCGモデルで徹底比較!【体長と体高】

実際の寸法でCGモデルを制作して、大きさの比較をしてみました。
CGモデルは簡易的なものなので、細かいところは目をつむってくださいね。

図鑑やネットの情報などは、大きさが誇張されているものも多く、極めて稀な史上最大クラスのサイズが採用されているケースがあるので、「ちょっと現実的じゃないよな」というものも多く見かけます。

ここでは、実際に野生で存在する「大型のオス」を想定して制作しました。
赤い服の人は180m、青い服の人は170cmです。

f:id:Rosylife:20210127004710p:plain

↑上の画像は、「平行投影カメラ」というもので撮影されているので、パースがついていません。
つまり「奥に行くほど小さくなる」というようなことがないので比較画像に最適です。
お尻の位置を合わせているので、体長が確認しやすくなっています。

f:id:Rosylife:20210127004722p:plain

↑正面からの撮影。

f:id:Rosylife:20210127004737p:plain

↑真横からの撮影。

体高の違いがわかりやすくなっています。
それぞれの動物のモデルは以下のサイズで制作しています。

マウンテンゴリラ:立ったときの身長180cm

イリエワニ:全長5メートル

アムールトラ:体長210cm、体高100cm

アフリカライオン:体長200cm、体高110cm

コディアックヒグマ:体長240cm、体高130cm

ホッキョクグマ:体長250cm、体高150cm

アフリカスイギュウ:体長280cm、体高170cm

アメリカバイソン:体長280cm、体高185cm

 ヘラジカ:体長300cm、体高210cm

カバ:体長350cm、体高160cm

シロサイ:体長380cm、体高180cm

アフリカゾウ:体長420、体高350cm

キリン:体長460cm、頭の先までの高さ530cm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です