ほんとは誰にも教えたくないオリジナルキャラクターの作り方

f:id:Rosylife:20160105114743j:plain

映画や漫画のキャラクターを見てると魅力的なキャラクターには共通する要素があったり、「あ、こりゃいいな」と感じる時があります。
これまでに感じたキャラクターをつくる上で大事だと思う要素を書き出してみましょう。
別に正解なんてないですし、人それぞれ「あ、これ使えそうだな」ってのがあればいいかなと。

大切にしてるものや、信念を考える

主人公の信念は、そのキャラクターの行動する理由につながっています。
ルフィなら海賊王になること、ゴクウはつええやつと戦うことですね。
大抵の主人公は、わかりやすく応援したくなるような信念や目標を持ってるもんです。

弱点があること

弱点があるからこそ、ハラハラドキドキできます。
ウルトラマンの3分しか変身できないのは有名な弱点です。
ルフィも泳げないのが弱点ですね。
サンジの「死んでも女は蹴らない」というのもかっちょいい弱点で、それもあって人気があります。
この縛りがあることで、それぞれのキャラがより引き立ちます。

コンプレックス

コンプレックスを持ってる主人公は多いです。
これはピクサーなどの海外CGアニメーションでも定番パターン。
コンプレックスから自信を失っている主人公がそれを乗り越える物語がとにかく多い。
飛べない鳥や、高所恐怖性の飛行機のキャラ、シマのないシマウマなど。

ギャップ

コンプレックスと通ずるとこがありますが、簡単に個性的なキャラを作りたいならギャップを使えば簡単。
普通とは逆の特徴を持たせたらいいんです。
例えばハゲてるライオン、ガリガリのお相撲さん、鼻の短い像。などなど。
かわいい見た目だけどぶっ飛んだキャラクターというのも定番になってますね。

好きな食べ物

ドラえもんはドラ焼きが好きですね、クレヨンしんちゃんならチョコビ。
食べることが好きってのもいいと思います。
物語に食事シーンがあることで一気に生活感を感じて見てる人は作品に入り込んでしまうはず。
ジブリなどでも食事シーンはよくあります。

癖やしぐさ

そのキャラ独特の、ちょっとした癖やしぐさがあるとキャラが引き立ちます。
「ファンタスティックMrフォックス」という物語では、お父さんキツネがチチッと口をならして指を立てるんですけど、それが良いんですよねぇ。
そういった、「このキャラと言えばこれ!」というのが欲しい。

口癖

マキバオーなら「~なのね」バカボンのパパなら「~なのだ」とか。
ワンピースもあからさまに独特な口癖のキャラが多いですよね。

呼び名

人によって呼び方が変わるのも世界観がぐっとよくなります。
悟空、カカロット、孫、みたいに。

スヌーピーのチャーリーズブラウンもチャックと呼ばれたりもしてますしスヌーピーは「顔の丸い少年」て呼びますからね。それだけでおもしろい!

服装

ベースの服装があって、たまに環境によって服装を替えるのも新鮮でいいですよね。
細かいことですけど、物語に深みが出ます。

プロフィール

性格は一言で表せるようにしたほうがいいと思いますけど、これまで何をしてたとかどこで生まれたとか趣味とか、履歴書のように細かく設定を作り込む方法もあります。
これによってキャラの行動がブレなくなるというわけですね。

ジョジョの作者の荒木さんは著書「荒木飛呂彦の漫画術 」の中でこの履歴書を家族関係から手術経験や虫歯、ケガ、利き腕、視力と60項目の設定を作りこんでいると書いています。
設定の細かさは物語のジャンルにもよると思いますが、作るのが楽しそうですね。

シンプルな造形

これは完全に作品によりますけど、歴史的なキャラクターってシンプルな造形な気がしません?
スヌーピー、アンパンマン、ムーミン、ちびまる子ちゃん、クレヨンしんちゃん、ぼのぼの、ミッフィー、ね?

みんな丸いのも共通してます。
丸いのはみんな好きなんです。

意外な特技

特技もギャップがあるとおもしろい。
湘南爆走族の江口は手芸が得意で「手芸のえっちゃん」て呼ばれてました。
のび太君もあやとりと射撃という意外な特技があったりします。

似合わない趣味

イメージにないものが趣味だとすんごい愉快になります。
例えば伊坂幸太郎の小説「死神の精度」に出てくる死神たちは人間界の「ミュージック」が好きです。

「暇さえあれば、いや無理やりに暇をつくってでも、CDショップの視聴機の前に立ち、ミュージックを聴く。」

ほら。
もうおもしろい。

 まとめ

基本的なことかもしれませんけど、とりあえずこんな感じかな?
またなんか気付いたら追記していきます。
それではみなさん、ともに最高のキャラクターを生み出していきましょう★

最後に僕が自信を持ってお届けする最高のキャラクターのアニメをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です