オリジナルキャラクターを本気で売り込み、人気キャラにして商品化する秘訣と方法

f:id:Rosylife:20160508133559j:plain

こんにちは、CGデザイナーとして働きつつ自主制作アニメなどの創作活動しているアリマです。 

自分が生み出したキャラクターが世に出て、人気になってグッズ化されたりアニメ化されたらいいのになと思ったことはないでしょうか?

これはクリエイターだけに留まらず、多くの人の野望にあるかもしれません。
イラストを描くのが好きな人ならちょっとした落書きの時に

「あれ?このキャラクターやばない?売れるんちゃう?」

と思うことがあると思います。
僕なんてしょっちゅうあります。

で、ほんとに大人気になってもおかしくないキャラクターを思いついたときに、実際どうすればいいのか、そこが最も難しいところだと思うので僕が考える「個人でオリジナルキャラクターを売り込む方法」「人気キャラクターに育てる秘訣」を書いてみます。

売れたこともないクセに。

移り変わりの激しい世の中で「何が当たるかわからない時代」とよく表現されるくらい、売り出す方法なんて答えがないようなものだと思います。
でもきっとヒントにはなるものが書ける自信があります。
あなたなら、そのヒントを元にブレイクするかもしれません。

そういう願いも込めて。

自分のキャラクターを漫画にしてtwitterで話題になる、というのが今の時代もっとも王道と言えるでしょう。
そこから人気キャラクターが生まれることはよくあります。
有名なところで「100日後に死ぬワニ」がありますね。
どうやればバズるのか、といった感覚が必要になってきます。

「それが難しいから、悩んどんねん」
と言いたいでしょう。

わかります。

さぁ、一緒に作戦を考えましょう。

好きなことの専門家になって情報を発信する

インターネットが発達した今の時代では「自分で作って、自分で宣伝して、自分で売る」というのが出来るようになりました。

自分で宣伝して人気キャラになればネットで商品を売ったり、企業からのオファーもあるでしょう。
なのでブログやSNSで発信することが基本になってきます。

とゆーより、そうやってネットで話題にならないと企業も相手をしてくれなくなっています。
例えば出版社も景気が悪いので確実に売れるものしか出版しないのです。

確実に売れるものとは、つまり「すでにファンを獲得している人の作品」です。
わかりやすくツイッターでフォロワーが多い人ですね。
出版社の人の話によると「フォロワー3万人であれば依頼する」という事を言ってました。

 フォロワーを増やすにしろ、作品をヒットさせるにしろ何かしら「飛びぬけたもの」が必要です。
どうやって飛びぬけるか、そのあたりを考えてみましょう。

まずあたりまえすぎて怒られそうなことだけど、「自分が好きなもの」が大事になります。
キャラを作るだけでなく、そこからの宣伝・発信がとにかく重要で、その発信を自らが楽しめないと続かないからです。
売り出すことが目的になるのではなく、作ることを楽しめる、気付いたらやってしまうものを題材にしましょう。
そして好きだからこそ、そのことについて詳しいはずなので専門的な知識や情報をブログやSNSで情熱を持って発信していき影響力を高めていくことができる。
そういった意味で結局「好きなこと」が大事になるという図式です。

このパターンで成功してるのが「クマムシさん」
クマムシの研究成果を発信するという完全にオンリーワンなことで注目を浴びてキャラクターを作り出しました。
専門的な情報を自ら発信できるというのはめちゃんこ強いです。
しかもクマムシさんの場合、競合が少なく目新しいインパクトもあります。
そしてtwitterもこのクマムシさんがつぶやいていて10万のフォロワーがいます。
フォロワーが増えてからぬいぐるみを販売することですぐに完売しちゃうくらいの人気を博しました。

ここで当然「そこまで飛びぬけて好きなものがあれば苦労しないよ!」と思いますよね。同感です。
でも、少しやってみて、反応があればさらに続ける、そうしているうちに自分も好きになっていくことがあります。
「うまくいくから好きになる」ということがあるのです。

例えばあるイラストレーターさんが、銭湯通いが好きで銭湯に通っていて、その銭湯のイラストを描くといつもよりイイネがついたんですって。
それが嬉しくて色んな銭湯のイラストをアップしていくと、銭湯イラストレーターとして多くの人に認知されるように。うまく自分の趣味とイラストを掛け合わしてニーズを発掘した例ですね。

また僕は「RosyLife」という馬のキャラクターで競馬のブログを運営してますが、そちらも多くのアクセスが集まりweb漫画が読まれたり、ラインスタンプが売れたりしています。微々たるものですが。
RosyLifeの作風でイラストを依頼されることもあります。
これは非常に嬉しい事で、こういった可能性をもっと広げて行きたいなと考えています。後々は競馬のボードゲームを作って販売したいと考えています。
このように自分で商品を売るというにも、とても良いやりかただと思います。

ネットを使ってグッズを簡単に販売する方法

今では自分でネットショップを持てるwebサービスも増えてきました。

中でもおすすめのものを紹介します。

BASE  というwebサービスを使えば、無料で簡単にネットショップをつくることができるということでクリエイターに人気です。商品がない人でもスマホケースやTシャツを作って販売できるし、動画や音楽などのデジタルコンテンツの販売もできます。商品を検索するという概念がないのでブログやSNSで自分で宣伝することになります。

minne は女性に人気のサービスで、アクセサリーなんかが人気ですが、かわいいキャラクターのクッションやシールといったグッズもたくさん販売されています。minneの中で人気になる人もいるので、女性向けならこちらがおすすめ。

ココナラは誰でもスキルを売り買いできるオンラインマーケットとしてとても有名です。イラストを描けない人は、ここでイラストレーターにお願いしてみると良いと思います。ハンドメイド作品を販売することも可能です。

コラボする

魅力あるキャラクターを発信していれば、コラボしたいと思ってくれる人も出てくるかもしれません。
例えばネコのキャラクターを考えたなら、ネコカフェに「コラボしませんか」と持ちかけたりするのは有効な手段ではないでしょうか。

ネコカフェもマスコットキャラクターが出来ればうれしいし、ネコカフェに行く人も楽しみが増すし、制作者もうれしいというwinwinの関係になれます。

僕の描いてる馬のキャラクターの「RosyLife」だと元ジョッキーが主催した乗馬のイベントとコラボしたことがあります。そこで僕のイラストを使ったグッズなども販売されてたり。

他にも深海魚のキャラクター「New」を作った時に、深海水族館にメールを送ると、縁がつながってNPO法人のマスコットキャラにしたいという話にまで発展しました。
結局、NPO法人の活動が頓挫してしまいましたが。。おしかった!

最強の方法

今の時代はなんでも簡単にできてしまうので、もはやキャラクターをつくってブログやSNSで発信することは基本中の基本です。

だからこそ「自分が大好きなことで知識も豊富、しかもニーズがあって競合が少ない」というのがある人は強い。

それにちょこっとユーモラスを加えて発信することが大事なんじゃないかな。
でもこれには相当な時間が必要になります。

本気でやろうとすると専門的なブログを書くのだけで1日が終わってしまいますし、しかもキャラクターを使った創作物を作るとなると時間が全然足りません。
ましてやそれを仕事しながらやるとなると相当きついと思います。
(しかも今の僕には休日には子供と遊ぶという大事な使命もあるのです!)

さて、ここまでのまとめとして、僕が最強だと考える理想の方法を書いておきます。
「そんなムチャな」と思うかもしれませんが、あくまで理想です。
「あ、これならできるかな」という部分だけすくい取ってください。

まずあなたがタヌキのキャラクターを思いついて「人気者にしたい!」と思ったとしましょう。

やることは、まずタヌキのことを調べまくって、タヌキ博士になることです。
そしてブログとtwitterを立ち上げて、毎日タヌキの情報を書き込みます。
タヌキのキャラクターにナビゲーターのような役目を与えると良いでしょう。

さらにタヌキを飼育して、キャラクター化してその日記もアップしましょう。
ついでにyoutubeも立ち上げでタヌキ動画を配信していきましょう。

そうこうしてるウチにフォロワーが増えていくので、タヌキグッズをつくって売っていきましょう。

というのが、再現性の高い最強の方法かな、と思いますがどうでしょう。

最後にひとこと

この無駄に長い記事は、僕がこれまで創作してきた中で長い年月をかけて考えて、気付いたことを書いたものです。
僕自身、なにも結果を出してないので大きなことは言えませんが、少しでも同じような人のヒントになれば嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です